ショウ(Sho)とミランダ(Ms. Miranda)のデータを反映しました。

現在実施されているイベント「蒼空(ソラ)伝説 翔堕威夢(ショウタイム)」に登場するキャラクターである、ショウとミラちゃん先生ことミランダがプレイアブルとして追加されましたので、データをサイトに反映しました。

Below character’s data are added.
-Sho(Wind SSR)
-Ms. Miranda(Fire SSR)

ツバサのライバルであり、本イベントの主人公でもあるショウは、CTを増加させて味方の奥義ゲージを上昇させるなど似たところもあるのですが、ショウは瀕死状態で様々な恩恵を受けられるという特殊なキャラになっています。
1アビの自傷ダメージは「現在HPの80%」を消費し、逆境などのバフを付与します。あくまでも「現在のHP」なので、すでに瀕死状態でも効果を発揮します。瀕死中に使うとガッツ効果(HP1で耐える)も付与されます。その他、敵の特殊技に反応してアビリティの再使用間隔を短縮させる効果を持っているなど、やや長めの再使用間隔も気にならないかもしれません。

一方のミラちゃん先生ことミランダも、CTを増加させてバリアやダメージ軽減などを付与させることができます。回復タイプのキャラなのでアビでのHP回復や弱体無効、ディスペルガード、奥義での弱体回復などもこなします。
リミリーシャやリミイオなどと同様、他キャラのアビ使用で上昇する特殊バフ「聖魔術Lv」によって、1アビが自動発動(HP回復など)するなどの効果もあります。
2アビの再使用間隔は14ターン(Lv75で2ターン短縮?)と、こちらも長い再使用間隔になっていますが、ショウと同じく敵の特殊攻撃で短縮されるため、特殊攻撃の多い敵と戦う場合には気にならないかもしれません。

ただ、ショウの場合は「構え技」、ミランダは「詠唱技」と、突然新しい用語が飛び出してきました。バトルシステムVer.2での予兆技の種類とのことですが、正直何が構えで何が詠唱かよくわかりません。予兆が解除できるのが「構え」で解除できないのが「詠唱」なのでしょうか?このあたりはもう少し踏み込んだ説明が欲しかったところです。

現時点でルリアノートの情報が未入力のキャラは以下の通りとなります。データ提供に協力いただける方は、声をかけて頂けると助かります。

・ヘリヤ(SSR)
・ロゼッタ(ハロウィン)
・フィオリト
・ゼヘク(SSR)
・ネクタル
・アグロヴァル(バレンタイン)
・クビラ(水着)
・トルー
・ティコ
・ミランダ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


The maximum upload file size: 1 MB. You can upload: image. Drop files here